レモングラス カット(葉)

武雄育ちレモングラスカットリーフ

完全有機肥料・無農薬栽培で、佐賀県武雄市の田舎に広がる棚田を使って栽培したレモングラスです。
カットリーフ(葉)は、朝取り(収穫)後すぐに選別ガールズにより丁寧な選別が行われ、その日のうちに洗浄・乾燥加工を行い、風味が逃げない様特別な保存を施し、出荷当日に「カット仕立て」を密封パッケージに詰め、産地直送でお届けしております。

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >
武雄育ちレモングラス生産地

佐賀県武雄市の大地と生産者の愛情で育てられた「武雄そだちレモングラス」は、農薬、化学肥料は一切使用しておりません。

■完全有機肥料・無農薬栽培 武雄市の田舎に広がる棚田を使い、レモングラスを栽培しております。本来棚田米を作る土地で出来たレモングラスは格別の味です。完全有機肥料・無農薬栽培で作るレモングラスは、安心して頂ける武雄市自慢のハーブティーになりました。国産有機レモングラス100%で爽やかで豊かな香りです。
■賞味期限:未開封の場合製造日から1年です。開封後はなるべく早くお飲みください。
■保存方法:密封し冷蔵庫にて保管ください。
詳しい保存方法はこちらをご覧ください


武雄育ちレモングラス

■いろんな用途でご利用いただけます。


【お茶として飲む】
生葉・乾燥葉(ブレンドティーのベースになるハーブとして)

【料理に使う】
東南アジアのエスニック料理に広く使用されています。肉や魚の臭み取りや香り付けとしても使用

【その他の利用法】
精油・ハーブウォーター・アロマテラピー・アロマセラピー・石鹸・入浴剤・化粧品・防虫剤・防臭剤等にも広く使われています。


武雄育ちレモングラスカットリーフ(葉)




【ホットティーの場合】

1)カットリーフを1人分で3g程度(ティースプーン大盛り2杯程度)用意します。

2)温めたティーポット又は急須(夏場は温めないでもOK)にカットリーフを入れます。

3)沸騰したてのお湯(ここがポイント)を、ティーポットに300〜400cc注いだら、蓋をして4〜5分程度蒸らし(ここがポイント)ます。蒸らす間にレモングラスの香りを楽しんで下さい。きれいなレモングラスイエローが出たらできあがりです。飲んだ後の葉は、あと一回分はおいしくいただけます。



【アイスティーの場合】

作り方は、ホットティーを冷まして使いますが、氷で薄まるのでポイントは1.5〜2倍くらい濃くするのがコツです。
よく冷やしておいて氷のいっぱい入ったグラスに注いでお飲み下さい。


※ここがポイント!
1)レモングラスは高温(沸騰直後)のお湯でないと十分に抽出できません。そしてティーポットやティーカップは湯通しなどして温めていた方がベストです。乾燥葉を入れ熱湯を注いで5分程度むらしてください。

2)レモングラスは麦茶のように長い時間煎じてはいけません。煎じ過ぎたら香りの成分が水蒸気で逃げてしまいます。

3)レモングラスは、他のハーブ(レモンバーム・レモンバーベナ・ミント系)や紅茶、日本茶などとブレンドしてもおいしくいただけます。





◆大人数分(10人程度)の作り方

◎ホットティー
1)3〜5リトルのケットル(網つき)を用意します。

2)レモングラスの乾燥葉は20g〜30g用意します。

3)やかんに水を入れ十分に沸騰したら(ここがポイント)乾燥葉を直接又はティーパックに入れて1分程度加熱(ここがポイント)します。火を止めて5分程度蒸らし(ここがポイント)ます。 蒸らす間にレモングラスの香りを楽しんで下さい。きれいなレモングラスイエローが出たらできあがりです。


※ここがポイント!
1)レモングラスは麦茶のように長い時間煎じてはいけません。煎じ過ぎたら香りの成分が水蒸気で逃げてしまいます。

2)レモングラスは、他のハーブ(レモンバーム・レモンバーベナ・ミント系)や紅茶、日本茶などとブレンドしてもおいしくいただけます。

3)レモングラス緑茶の作り方は、レモングラス3g(1人前)に対し緑茶を一摘み加え上記のお茶の入れ方で行って下さい。少し前にレモングラス愛好家の間で流行った飲み方です。