さがの山野草 焙煎どくだみ茶

型番 BAISEN-DOKUDAMICHA
販売価格 750円(内税)
内容量 30
購入数
  • 特定商取引法に基づく表記
  • この商品を友達に教える
  • この商品について問い合わせる
  • 買い物を続ける
  • レビューを見る
  • レビューを投稿




佐賀県武雄市の大地と生産者の愛情で育てられた「武雄そだちレモングラス」は、農薬、化学肥料は一切使用しておりません。



1袋2g入りティーバックが15袋入ってます。内容量:30g


焙煎仕立てで飲みやすくなりました。

















武雄市山内町産 焙煎どくだみ茶ティーバック

焙煎し飲みやすく仕上げています。





【”どくだみ”について】

”どくだみ”は、古来より民間薬として利用されてきました。漢方名を「十薬」と呼ばれ、江戸時代に貝原益軒(かいばらえきけん)著の「大和本草」の中に、「十種の薬の能ありて十薬となす」と記されています。現在の調査研究では、十種だけでなく、もっと多くの効能を持っているとされています。−ドクダミ科−



・どくだみの花穂や葉、茎には、排便を促す作用や余分な水分を排泄する利尿効果がある成分を含んでるので、「体内の老廃物除去作用」「毛細血管を強化する作用」もあるとされています。



・カリウム塩を含んでおり、神経細胞や筋肉組織を活性化する働きがあるとされています。



・体内の水分を正常に保ち、利尿作用、快弁作用、皮膚表面の汗腺の調節に効果があり、自立神経をコントロールする働きがあると言われています。


どくだみの独特の臭いは、精油成分です。この成分は強い抗菌作用があるとされ、最近では、抗カビ、抗菌作用について目を向けられています。どくだみの独特の臭いは、昆虫も嫌うほどで、シロアリ予防や食品の防腐剤としても開発されています。



生葉の状態では独特の臭いのため飲用できませんが、乾燥させると精油成分が揮発するので、煎じて飲用することが出来ます。



一般的に、便秘症、風邪、蓄膿症、耳鳴り、胸の痛み、のぼせ、胃酸過多、高血圧、動脈硬化、冷え性、などなど数え切れないほどの効果があるとされています。


(注意)

カリウムが多く含まれていますので、腎機能に障害のある方は飲用にご注意ください。








【入浴剤としての利用】

どくだみは、煎じて飲用するだけでなく、お風呂にいれて入浴剤として使用することで、いろんな効果があるといわれています。

市販の入浴剤と比較すると、自然な緩和作用が大きな特徴で、血液循環の改善、消炎作用、保温の効果が高くなり、冷え性、更年期障害、生理不順、腰痛、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚病、ニキビ、吹き出物などに良いとされています。

また、心身をリラックスさせ、血行をよくし、新陳代謝を高め、皮脂分泌を活発にしてくれます。



入浴方法:焙煎どくだみティーバック数個を、鍋ややかんで煎じて浴槽に入れるか、直接ティーバックを浴槽に入れ、入浴を楽しんでください。